希少❗️70's 最初期 東海 Humming コレぞジャパンピンテージの名器❗️❗️ 【あすつく】


手が小さくても弾き易いです。Jビンテージを弾いてみたい初心者や女性の方にも!激鳴りのジャパンピンテージで始めませんか?超希少な東海の幻のブランドのHummingのギターです。こちらはその鳴りと音色は後のブランドHummingbird customやCat's eyesブランドの合板の器種とは一線を画しています。コアなジャパンビンテージマニアの間では、特に人気が高いのですが、ネット上であっても滅多に確認されずヤフオクでも年間を通じて1台出るか否かの超希少個体です!出品にあたり先日リペア工房にてサドル、ナットを牛骨に変更。状態はすこぶる良く、サドル約3.5mmで弦高6弦2.2mmという驚異的なコンディションです。もちろんネックの反り、元起きありません。繰り返しになりますが、あの東海楽器のCat's eyesブランドの源流に位置するのがこのHummingなのです。東海楽器がMartinと代理店提携する前の時代に、東海のベテラン職人達がMartinを研究しHummingブランドのギターを造っていた事は、ほぼ知られていません。100本を越える古い日本製ギターを入手して来ましたが、有る意味究極のギターとの出会いを探求する旅と云えるでしょうか。主にチープな合板ギターから始まった訳ですが、人気のヤマハ赤ラベルは合板なのに当時の価格の2倍以上で飛ぶように売れています。実際に良いと思えるのは70年までの初期に製作された赤ラベルだと個人的には感じていますが、その初期のギターでもやはりヤマハの音でmartinのニュアンスとは違うと感じて手放しました。 しかし、特に人気が有る様には思えない東海楽器のHumming ギターを数本手にして、非常に驚きました。何を持って良いギターと感じるかは個人差が有るとは思いますが、弾いた時の心地良さはオール単板のギターでも、少ししか無かった限られた体験でした。音質は薄く造られたトップだけあり非常に魅力を感じるサウンドで、高域の輝きや低音の伸びもバランスが取れています。勿論本家Martin程の上質さは有りませんが、バランスやキレ、抜けの良さから、ボディ全体から響く鳴りの大きさは決して劣っていません。※神経質な方はご遠慮下さい
カテゴリー:おもちゃ・ホビー・グッズ>>>楽器/器材>>>アコースティックギター
商品の状態:目立った傷や汚れなし
:イエロー系/オレンジ系/ベージュ系
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:らくらくメルカリ便
発送元の地域:埼玉県
発送までの日数:1~2日で発送




















L'Oiseau bleu

オードレマン Dシャンプー 500ml 12本セット 全身洗浄,
〒152-0004 東京都目黒区鷹番3-4-11 GreenHill Takaban 1F
TEL:03-3792-8331